1 目標

・個々の児童生徒が自立を目指し、障害による学習上及び生活上の困難を主体的に改善・克服するために必要な、知識、技能、態度及び生活習慣を養い、心身の調和的発達の基盤を養う。
・自立活動部は本校の自立活動の充実のために活動し、また、児童生徒一人ひとりのニーズに合わせた指導を実践するため、担任と連携を図るとともに専門性の向上に努める。

2 指導の形態

自立活動の指導は、学校の教育活動全般を通じて行う。

○各学部の教育課程において、特設された自立活動の時間や、各教科、道徳、外国語活動、総合的な学習の時間及び特別活動の指導をとおして行う。
○自立活動専任による、抽出指導を行う。
○自立相談(自立活動に関する相談)を活用し、担任と連携しながら行う。